失礼のないお返しに香典返し用カタログギフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

故人を偲んでくださった方々に御礼をする香典返しですが、喜んでいただくものを送りたい気持ちとともに失礼なものを送らないようにしたいという気持ちも出てきます。そういった場合にカタログギフトを利用するとそれぞれの方に合わせた好みのものを選んでいただけますので非常に便利です。また年齢層によっても好みが違いますのでカタログギフトですと幅広い年齢層に対応できます。
近年では大手の通販会社からも弔事用のカタログギフトが販売されていたり、香典返し専門のギフトショッピングセンターからもカタログギフトが販売されていますので大変選びやすくなっています。また、弔事用のカタログがない場合でも落ち着いた表紙やデザインのカタログでしたら弔事用としても利用できます。

香典返しの品の金額の相場

香典返しの相場としては地域によってローカルルールなどがありますが3,000から5,000円位のものが一番多く需要があります。ですのでその価格帯の品物のバリエーションの多いカタログギフトを選ぶと良いでしょう。
ここで一つ注意しなければいけないことは、注文する際の金額にカタログの送料や商品の申し込みに必要なハガキ代などの手数料、会社によってはシステム料とも呼ばれていますがそれが含まれた料金なのか、それとも別途にシステム料を支払う必要があるのかを確認してください。もしシステム料込の料金で請求されるものですと香典返しに設定した金額からシステム料を引いた金額の商品が相手方に渡ることになりますので失礼にならないためにも必ずチェックしておきましょう。

幅広い年齢層に受け入れられるものが掲載されているか

お年を召した方が香典返しとして望まれているのは、不祝儀がいつまでも残らないようにという考え方から食品や消耗品と言った長く残らない消費される商品ですが、若い方や一人で暮らしている方ではどうしても持て余しがちですし、若い方ですとおしゃれな雑貨や小物など普段使用できるものを好む場合もあります。カタログギフトを利用して、どの年齢層にも合うものを送ることをお薦めします。
この際のカタログ選びで重要なのは、幅広いラインナップの商品が掲載されているかどうかです。定番の消耗品を始め若者に向けたモダンなものなども掲載されているものが良いでしょう。グルメや旅行などに特化したものも人気はありますが、雑貨や小物なども含まれている方が幅広い年齢層の方に対応できます。

ピックアップ記事

実際にカタログギフトを香典返しに使用した方の声

実際に店舗で品物を選ばず、ネット上で注文を行うカタログギフトによる香典返しでは何かと不安に思われる方もいるでしょう。ですが香典返しを専門に扱っている会社であれば、きちんとした対応でお客さんに接しており...

最近香典返しの定番になりつつあるカタログギフト

近年香典返しの中で、カタログギフトを選択する割合が大きくなりつつあります。とある通販型ギフトショップでは1番の人気商品となっており、ご利用した人のほどんどが満足したと回答しています。その理由としては商...

香典帳を元に香典返しのカタログギフトを注文する

葬儀が終わったあと、葬儀業者が香典帳を作成する場合や自分で香典帳を作成する場合がありますが、その香典帳を元に香典返しのリストを作成し、カタログギフトの注文を行います。通信販売というとインターネット通販...